MENU

シミウス側から見た口コミと効果

 

敏感肌でもシミウスは安心な理由

 

シミウスは敏感肌の方が使用しても安心して使っていただくケースが多いようです。

 

美白化粧品の中には、美白効果をより効果的に働かせるために、肌への刺激が強い成分を配合するケースもあります。

 

ハイドロキノンやトレチノインなどの成分がこれにあたります。

 

そのため、敏感肌の方にとっては、このような美白化粧品は敬遠されてしまうケースも多い様です。

 

では、シミウスは肌に対して刺激となる成分は含まれていないのでしょうか?シミウスの主要な美白・美肌成分として、プラセンタやコラーゲン、ヒアルロン酸といった成分が含まれています。

 

これらの成分は比較的安全性の高い成分で多くの化粧品に使用されています。

 

そのため、シミウスは敏感肌に対しても、強い刺激にならない化粧品といえます。

 

もちろん、肌への刺激はどの化粧品にもあるため、使用前のパッチテストを行った上での使用は必要になります。

 

以上のように、シミウスは敏感肌に対しても配慮された美白化粧品なのです。

 

 

目元にも使える優しい化粧品

 

特に年齢が出やすいパーツである目の周り。

 

シミやシワ、気になりませんか?だけど「目の周りへのご使用は避けてください」という化粧品が多いですよね?どうして目の周りに使えないんでしょう?それは皮膚の厚みに原因があります。

 

目の周りは他の部分に比べて4分の1から10分の1くらいの厚みしかありません。

 

皮膚表面の角質層は、お肌を外の刺激から守ってくれています。

 

その皮膚が薄いというのはバリア機能が弱いということ。

 

だから目の周りは外からの刺激に弱いデリケートな部分なんです。

 

だから「目の周りへのご使用は避けてください」というのは「眼もとには刺激が強すぎる可能性がありますよ」ということなんです。

 

ところが、メビウス製薬のシミウス ホワイトニングリフトケアジェルは「目元にも使えます」との表記が!公式のホームページにも目元のマッサージが紹介されているくらいお肌に優しい化粧品のようです。

 

敏感肌の方が愛用されているという口コミがあるのも納得です。

 

そのくらいお肌に優しい化粧品ですが、やはり目元はデリケートなもの。

 

優しく優しくマッサージしてあげましょう。

 

 

美白成分の種類って?

 

メビウス製薬のシミウス ホワイトニングリフトケアジェルは有名ですが、どんな美白成分が入っているか知っていますか? そもそも美白成分とは何でしょう?今あるシミを消してくれる成分というのが、大多数の人のイメージだと思います。

 

しかし残念なことに「今あるシミを消してくれる成分」が配合された化粧品はほとんどなく、「シミのもとになるメラニンの生成を抑えて、日焼けによるシミやそばかすを防ぐ成分」が配合されていることが多いのが現状です。

 

では本題に戻って、シミウス ホワイトニングリフトケアジェルに含まれる美白成分についてお話します。

 

一つは、メラニンの生成を抑えてくれて肌のターンオーバーを促してくれる「プラセンタエキス」です。

 

シミを含んだ古い角質をきちんと剥がしてくれるのでシミがどんどん薄くなっていくんですね。

 

そしてもう一つ、美白成分があるのです。

 

それは「シコンエキス」といい、代謝を促進してくれる効果がある成分で、シミを含んだ古い角質をお肌から排出してくれるんです。

 

このプラセンタエキスとシコンエキスが相乗効果をもたらして、シミが薄くなったと実感する人が多いのだと思います。

 

 

パラベン。。。って天然成分じゃなさそうだけど、入ってないほうがいい??

 

パラベン・・・化粧品の容器でよく目にするワードです。

 

厚生労働省の表示指定成分のうちの一つです。

 

国の定めた「入れたら消費者に表示しないといけない決まりのもの」。

 

というとキツイ成分なのかな?、肌に毎日つけて大丈夫?と心配になる方も多いのではないでしょうか。

 

このパラベンというのは実は防腐剤なのです。

 

勿論なくて済むに越したことはありませんが、防腐剤を入れなかった場合に起こりそうなことを想像してみましょう。

 

真夏の昼間、仕事や学校で家族がみんな出かけて冷房を切っている間の室温は?お風呂場に置きっぱなしにしている間の湿度は?クリームタイブは毎回指につけて使いますし、化粧水や乳液の口を触ってしまうこともあります。

 

その際に雑菌が繁殖したものを使い続けるのは、少量添加の防腐剤と比べて安全と言い切れるでしょうか。

 

そう、パラベンは表示指定成分ではあるものの僅かな量で効果が高く、臨床実験の結果からも防腐剤の中では極めて刺激の少ないものなのです。

 

「表示指定成分無添加」や「自然派化粧品」を謳うため表示指定成分ではないけれども、大量に入れないと効果のない防腐剤を使うのは本末転倒ではないでしょうか。

 

考え方は人それぞれですが、シミウスジェルは使う方のことを考え、いかに肌に優しく品質が安定した化粧品にしようか熟考したうえで、あえてパラベンを防腐剤として使用しているのです。

 

 

シミウスはべたつくのでは?

 

シミウスは美白ジェルの中でも人気が高い商品ですが、ベタつくのではないかと疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

実際に使用した方は、シミウスジェルはベタベタしないと感じている方が多いのです。

 

もちろん個人差がありますので、べたつきを感じる方もいらっしゃるかもしれません。

 

肌環境が整っておらず、栄養を取り入れる用意が出来ていない場合、ベタつく原因になってしまいがちです。

 

シミウスジェルを使い始めて間もない方は、肌に吸収されずにジェルが残ってしまい、ベタベタすると感じやすくなってしまうかもしれません。

 

しかし、シミウスジェルを使ってマッサージを続けていくと、肌環境が少しずつ整っていきますので、有効成分の浸透率が高くなり、ベタつきを感じなくなっていくと思います。

 

シミウスジェルはベタつかないのに、保湿力はしっかりある商品です。

 

1回目で解約可能な定期コースがありますので、試しに1つ使ってみてくださいね。

 

 

 

 

→限定プレゼント有りでシミウスをお試しされる場合はこちらからどうぞ