MENU

良い・悪い痛み

シミウス ホワイトニングリフトケアジェルでマッサージをするときに、痛みを感じる方はいますか?痛みを感じる場合、その痛みはどんな痛みでしょうか。

 

実は痛みには、良い痛みと悪い痛みがあります。

 

良い痛みなら、今まで通りにマッサージを続けて大丈夫です。

 

悪い痛みなら、マッサージの仕方を変更する必要があります。

 

ではまず、良い痛みはどのような痛みなのかご紹介していきますね。

 

顔に、コリコリする部分や、鈍い痛みがあるときは、そこが凝っていることが多いです。

 

その痛みがなくなるにはしばらくかかりますが、マッサージを毎日定期的にすれば、痛みはなくなっていきます。

 

肩凝りのようなものなので、マッサージで凝りをほぐして、老廃物を流せば、血行が良くなって痛みはほぐれていきます。

 

ただ、凝りを早くなくそうとして、力を入れてマッサージをするのはNGです。

 

刺激で顔にシミ、シワ、たるみを生じてしまうからです。

 

優しくマッサージするのがポイントです。

 

では、悪い痛みについてです。

 

ジェルの量が足りなくて肌に摩擦が起きるときや、マッサージの力が強すぎるときに、悪い痛みは起こりやすいです。

 

摩擦はシミの大敵なので、もったいないと感じても、ジェルはお手入れガイドにある適量を使いましょう。

 

それから、乾燥肌の方は、摩擦を受けやすいので、摩擦を避けるために、多めのジェルを使いましょう。

 

また、シミをなくしたいのでついマッサージに力が入ってしまうかもしれませんが、強すぎるマッサージは悪い痛みを生じます。

 

イタ気持ちいいようなマッサージをするようにしてくださいね。

 

肌が弱い方は、「気持ちいい」と感じるくらいの力でマッサージをするといいでしょう。

 

美肌に向けて、一緒にがんばりましょう。

 

 

→限定プレゼント有りでシミウスをお試しされる場合はこちらからどうぞ